いまここに、あるもので

労働から活動へ、消費から生産へ、利益から恩恵へ

パンツもブラジャーもやめたら楽すぎて驚きました

久しぶりのブログに書く内容じゃないかも知れませんが、書きます。

※性的な内容はありませんが、排泄器に関する記述があります。

 苦手な方はご遠慮下さい。

 

パンツとブラジャーをやめた理由

 

それは、、、毎日手洗いするのが面倒臭くなったから!

続きを読む

学校で学ぶべきなのは、自信よりも自律

大統領、を演じる子供たち

 

以前見て違和感を持ったドキュメンタリー。

今はその違和感の正体がよくわかります。

 

将来はアメリカ合衆国大統領になりたいと語る3人の若者に高校から大学まで密着し“政治家予備軍”である彼らの成長と葛藤からアメリカ社会を垣間見るドキュメンタリー – @動画

 

f:id:slowinputslowoutput:20170627155112p:plain

続きを読む

お弁当は玄米のお握りだけでいい

参考になることだらけのむしろ台所診療所

 

最近のお気に入りブログの一つです。

考え方だけでなく、実際の生活でもとても参考になります。

 

続きを読む

ブログ名前を変更しました

いまここに、あるもので生きていく

 

『スローに働いて、スローに遣う』という名前でブログをやっていましたが、

『いまここに、あるもので』に変更しました。

 

続きを読む

家族が欲しいと思わない理由は、コスパなどではない

時間と空間を共有し続ける家族

 

ヨーロッパ系と日系のミックス、外国籍の友人家族がいます。

彼らは恐ろしいほど時間と空間を共有しています。

続きを読む

子供は誰でも天才でなくていい。個人であればいい。

 天才じゃなくて、『スーパー都合のいい子』になって欲しいだけでは?

 

ここ数年で、子供は別に学校に行かなくてもいい、と確信を持てるようになりました。

文部省の用意する学校は人材工場ですから。

続きを読む

なぜ若い人たちは消費に魅力を感じないのか

 「消費に疲れた」と彼女は言った

 

一世代若い友人達が、物欲がないというのは以前書いた通りです。

 

slowinputslowoutput.hatenablog.com

続きを読む

つまらなそうな高校生を見るとほっとする

不機嫌な高校生だった

 

20年前、厳しいカトリック系の学校に通っていた私は、

自由に楽しんでいる(ように見える)高校生たちがとても羨ましかったです。

 

一日中仏頂面で不機嫌な高校生でした。

 

通勤ラッシュにもまれて遠くまで通学し、

ルーズソックスも履けずださい制服でうろうろさせられ、

一日中机に座っているだけで、

なのによく感謝を強要され、

うざったいことこの上ありませんでした。

続きを読む

漂白された文化の中で育った私たちの音楽

マイケル・スタイプの声が好き

 

久々にREMが聞きたくなったのは、夜にガーデニングしていたからです。

 


R.E.M. - Gardening At Night - 6/9/1984 - Capitol Theatre (Official)

続きを読む

子供の夢はじゃんじゃん壊したい

子供は消費者として成長していく

 

まだ姪っ子たちが小さい頃、

一緒にテレビを見ていて驚いたことがありました。

 

誰もが知っている30分アニメ(美少女たちが悪を倒すやつ)です。

 

前編後編と10分ずつでその間にコマーシャル、という一般的な構成ですが、

私には

前編後編こそがコマーシャルで、

コマーシャルこそがメイン

に思えました。

続きを読む