いまここに、あるもので

わざわざ要らないものを遠くから持ってくることないよね

豊穣に触れる日々

豊穣に囲まれていることを知れ

 

豊穣とは溢れるばかりの豊かさ。

『豊穣の海』とか。

 

でも遠い海や銀行の金庫にだけそれがあるわけではありません。

 

f:id:slowinputslowoutput:20170602102239j:plain

続きを読む
広告を非表示にする

核家族は、家族がばらばらになりやすい形態

TEDでも知られる植松努さんの言葉が的を得すぎ

以下、一部抜粋です。

 

消費型社会の売り上げを増やすのは簡単です。
(1)わざと壊れるモノをつくる。
(2)家族や仲間をばらばらにする。(世帯数を極限に増やす)
(3)不安やコンプレックスをあおる。自信を売る。
(4)無能にする。自分には何もできないと思い込ませる

 

 

個人とコミュニティを無力化すれば、お金に依存せざるを得なくなります。

 

植松さんは私も最近知りましたが、

分かりやすい言葉で、本質的な発言をされる方だと感じました。

なおかつ地に足の着いた優しさを感じます。

(風貌もゆるキャラっぽくて和みます)

 

特に

(2)家族や仲間をばらばらにする。(世帯数を極限に増やす)

 は私が最近感じていたことに近かったので、

リンクした気分でした。

 

構成員がばらばらになりやすい核家族のあり方

 

私自身が育った家族を例に考えて見ます。

 

父と母、二人の子供の4人暮らし。

父は週5日会社へ行きます。

母は週5日家に残るかパートに行きます。

子供二人は週5日それぞれの学校へ行きます。

 

そして、全く交わらない経験に時間を費やすんです。

 

私は数年間女子校に通いましたが、

閉鎖病棟or隔離病棟みたいなところでした。

 

でも、父も母も姉も同じようなものです。

会社はおじさん達の隔離病棟、パート先や近所の集まりはおばさん達の隔離病棟、

学校も偏差値の高低が違うくらいで基本的に閉鎖的です。

 

夕方そこから帰宅してご飯なんか食べたって、話すことはありません。

時間も空間も共有していないんですから。

 

思春期の女の子達が父親を避けるのは、

それが大きく関係していると思います。

 

例えば、一家で漁師をしていた昔の日本の家族を考えてみます。

父親は充分に経験のある漁師で、

家族はそれを手伝います。

 

両親が働いているのを、子供は小さい頃から見ることが出来ます。

自然と遣り方を覚え、尊敬の念も出てきます。

一家だけでは漁は出来ないので、

他の家族と協力して、そこから嫁や婿を取ることもある。

 

時間と空間を共有しているので、ばらばらになることがありません。

 

昔に戻ればいいとは思わない

 

比較のために昔の家族のあり方を思考しただけで、

そこに戻るべきとは思いません。

 

核家族は工業化されたかたちである、その認識が大事だと思うのです。

 

農業・畜産なども工業化されています。(工場型で大量生産する方法)

それと同じように家族も工業化されているのだと思います。

 

CMや広告では、核家族はきらきらしたものとして描かれることが多いです。

単身世帯もそうです。

 

核家族で住む住宅や彼らが使う車、

新入社員や新入生の部屋探しなど。

『自立』のイメージと共に輝かしいものとして描かれます。

旧いですが『一国一城の主』とかもそう。

 

もっと何となく、でよい

 

私は核家族を作ること(母の役割)に興味がないのですが、

一緒に生活する人や家族とは繋がっていたいと思っています。

 

今考えている理想は、

実家とシェアハウスを行き来しながら、

何となくどちらにも所属して暮らす。

 

そのうち実家が空いてきたら、

友達か誰かを住まわせて、

何となくみんなで暮らす。

 

急には無理でしょうが、少しずつそういう形態に持っていけたらいいです。

 

老人は余剰資源

 

日本社会が迎える少子高齢化は、未知のものだし怖いことも沢山あります。

うちの両親も怯えているのが分かります。

近所の銭湯で出会ったおばあちゃん達も怖がっているのが分かりました。

 

でも全く老人がいない社会も困ります。

経験が浅い人、血の気が多い人ばかりの社会もいいものではありません。

 

老人はある意味余剰資源です。

余っているものはどうしても軽視されがちです。

余剰資源が持っている利点がスルーされてしまうのです。

 

空家もそうです。

でもそのお陰で家賃はとても下がっています。

アメリカ西海岸(サンフランシスコやサンディエゴ)は、

ここ十数年で10倍近くに上がっているところもあります。

 

両親含む老人達が、

老人ホームに行ってぼけてしまうことなく、

もっと活用出来たらいいと思います。

 

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ オーガニックライフへ
にほんブログ村

 

万能なラベンダーで手軽にチャイを楽しむ

万能ハーブの一つ、ラベンダー

 

以前から欲しかったラベンダーの小さな苗を購入しました。

 

虫除け・お香代わり・食用と様々な用途に使えるラベンダーは、

一つ持っていて損はありません。

ローズマリーと同じくらい万能です。

 

ところが!

続きを読む

週末の朝に聞くMUSICA 

 

ほととぎす、ひばりの声をバックにコーヒー。も乙ですが、

麻のような手触りの軽やかな音楽もいいです。

 

続きを読む

若さに対して敬意を払う必要性

経験に対するように、直感と感覚に対して敬意を払う

 

自分より若い人達に対して、怖がらせる・脅すという接し方しか知らない人は沢山います。

 

 

親や年長者にずっとそうされてきて、それ以外の方法が分からないのでしょう。

 

続きを読む

永遠に頑張らない。永遠に今のままでいい。

仕事も恋愛も家事も育児も介護も100%、は出来ない

 

湿気は多いけどよい天気です。

 

朝から赤いソラマメを剥き剥きし、

 

f:id:slowinputslowoutput:20170527103512j:plain

 

土鍋でグリーンピースのご飯を炊きました。

 昆布とお塩をちょっと加えました。

 

続きを読む

食料の買い方を変えるだけで、家計も空間もすっきりする

2ヶ月で16万強しか使っていなかった

 

 ふと通帳の出入りを調べてみたところ、

3月終わりから2ヶ月で16万ちょっとしか遣っていませんでした。

 

続きを読む

家族だからといって関係が安定している訳ではない

 

姉妹との間に存在する違和感が今後どう変化するか

 

ずっと私は「自由な末っ子」の役割に甘んじてきました。

なんやかんやあれど、ほぼ固定したと思われるポジションでした。

 

しかし、それは甘えだと最近つくづく感じます。

 

続きを読む

初期投資が絶対に必要という幻想

初期投資・拡大というマインドセット

 

「みんなでどこか大きな畑を借りて、野菜を作ろう」

「飲食店をやりたいから、まずは場所を探そう」

そういう考えは間違ってはいません。

(二つとも友人の発言です。)

 

でも私の意見はというと

「みんなでどこか大きな畑を借りて、野菜を作ろう」

⇒広い場所があるところは皆のうちから遠いところ。せめて誰かの家の側にしないと行かなくなる。

まずは、ベランダでも、窓際でも、庭でもいいから、身近で投資しなくていい場所で小さく始めた方がいい。初心者ならなおさら。

 

「飲食店をやりたいから、まずは場所を探そう」

⇒場所を借りて、飲食用設備を整えて、食器や材料を揃えるには時間もお金もかかる。

それより、自分の家や店、友人の店(間借り)を利用して、週一くらいの割合から始めるといいのでは。

 

初期投資しなくては、リターンが見込めない。

そう思っている人が多いのは、現在の会社やビジネスの在り方と学校での教育のせいでしょう。

 

しかし

初期投資しても、リターンが見込めるわけではありません。

マイナスからスタートし、マイナスが増えていくことも考えられます。

 

そしてもう一つ、トリッキーなのが、拡張していこうという姿勢です。

 

需要(売上げ)が増えたら、商売を広げるべきという考えが一般的です。

利益の一部で設備を整えて(第二の投資)、更なる需要を確保する。

 

大量生産型に近づけた方が、生産性が上がる。

 

しかしこれも疑問を感じます。

大量生産型(工場スタイル)にビジネスを持っていくまでには、

かなりの時間とお金がかかるはずです。

 

夫婦二人で始めてから、50人の規模になるまで、夫婦は働きづめになるでしょう。

 

理由はやることが圧倒的に増えるからです。

 

家の中や併設の工場では住まず、別に場所を購入するか借りることになるでしょう。

徒歩の移動では間に合わず、車の移動になるでしょう。

簡単な道具では間に合わず、

機械を何台が購入してその使い方を覚え、従業員に教えなければならないでしょう。

機械は数年に一度は調子が悪くなり、業者にみてもらい、修理がかさむでしょう。

生産が増えれば在庫が増え、その管理にも追われるでしょう。生鮮品ならなおさらです。

従業員が増えれば彼らを管理する部署が必要になります。

一目で誰か分からない人間が出入りするならセキュリティにも注意を払わなければなりません。

 

自律的なシステムに持っていくまで、その事業が続けばいいですけどね。

 

初期費用は限りなくゼロに近く、が有効

 

小商い、月3万ビジネスという言葉がよく聞かれるようになりました。

 

その特徴は初期費用・投資が低いことです。

 

簡単に始められて、簡単に続けられて、簡単に辞められる。

それは簡単にお金を儲けようようというのではありません。

賢くお金を作ろうという姿勢です。

 

その姿勢は、ビジネスだけでなく、生き方にも大きく関係しています。

 

負荷のかからないビジネスや生き方は、誰にもその負荷を押し付けません。

顧客に要らないものを売る必要も、自分の気持ちに背く必要もありません。

 

初期費用ゼロで出来るビジネスを色々考えてみるのもお勧めです。

妄想はいくらしても初期費用ゼロです!

 

 

手にするマネーはどんどん減っていっても、

もっと早いペースでマネーが不要の生き方が進むかも知れません。

 というのも妄想かな。

 

 

マネーへの依存度を下げると、お金を稼ぐことが以前より重要ではなくなります。

 

ただ、『マネーの便利さ』が実感出来るようになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ オーガニックライフへ
にほんブログ村

米ぬかがあれば洗剤も石鹸も要らない

 

私の理想は

我が家の畑にそのまま流してもよい排水をだすこと 

まだまだ達成には遠いです。

続きを読む