いまここに、あるもので

労働から活動へ、消費から生産へ、利益から恩恵へ