読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スローに働いて、スローに遣う

労働から活動へ、消費から生産へ、利益から恩恵へ

映画

男性受難の時代7 幼児性と父権がミックスした男は危険

女性・子供・若者に危険を及ぼす男性 今まで男性へのシンパシーを元にこのシリーズを書いてきましたが、 今回は違います。 女子供として生きる私が最も避けている(注意している)男性についてです。 映画『天国と地獄』の三船敏郎が演じた主人公は、私にと…

今週のお題「お気に入りのスニーカー」 Zboysになりたい 

最近お気に入りのスニーカーはConverseのハイカット

自分の欲望を客観視出来る大人は、誰のことも子ども扱いしない 映画『17歳』

フランソワ・オゾンとシャーロット・ランプリング 映画監督と女優。 プロデュースする者とされる者として幸福な関係にあると思われる二者。 ゴダールとカリーナ ゲンズブールとバーキン 小西康陽と夏木マリ みたいな感じでしょうね。 『まぼろし』『スイミン…

孤独と向き合える大人の男女は美しい 映画『恍惚』

シャーロット・ランプリングとファニー・アルダン 30代半ばを過ぎて心奪われた女優がこの二人。 御歳65歳くらいだろか。 ランプリング様

非倫理的である以上に「長期的に誰も得してない」ことが問題。映画『トゥルー・コスト』

ドネーション(寄付)スタイルという先進的な上映会 12月15日(火)に横浜美術館のレクチャーホールで開催された 『トゥルー・コスト ファストファッション 真の代償』の上映会に行ってきた。 有志の方が企画して下さり、ドネーション(寄付)スタイルで参加…