いまここに、あるもので

労働から活動へ、消費から生産へ、利益から恩恵へ

ICON

漂白された文化の中で育った私たちの音楽

マイケル・スタイプの声が好き 久々にREMが聞きたくなったのは、夜にガーデニングしていたからです。 R.E.M. - Gardening At Night - 6/9/1984 - Capitol Theatre (Official)

ミドルクラスの夢に消費されたユーミン

誰でもユーミンの歌の主人公になれた 1979年生まれの私はユーミン世代ではありません。 戦後生まれの母も、団塊ジュニアの姉も違います。 それでも皆ユーミンが好きです。 (ストライクなのは70-80年代に青春期を過ごした60年代生まれでしょうか。)

今週のお題「お気に入りのスニーカー」 Zboysになりたい 

最近お気に入りのスニーカーはConverseのハイカット

劣化していくことが嫌いじゃない。むしろ結構好き。

自分の顔が嫌いだった訳 思春期女の子の例に漏れず、私も自分の顔が嫌いでした。 今思うと顔の造作ではなく、内面との乖離が原因でした。 自分の内面が反映されていない顔、に違和感があったのです。

孤独と向き合える大人の男女は美しい 映画『恍惚』

シャーロット・ランプリングとファニー・アルダン 30代半ばを過ぎて心奪われた女優がこの二人。 御歳65歳くらいだろか。 ランプリング様

MUST LISTEN: Pizzicato Five ピチカート・ファイブ

90年代半ばから後半、私は女子高生で、世は俗に言う『女子高生ブーム』だった。 今はおじいちゃんにしか見えない小室哲哉もそこそこ格好良く、 アムロちゃんやglobeのCDが百万単位で売れていた。 私もカラオケ用に彼の曲を聴いていたが、CDを購入する気には…

ICON:but NICO その3 トライブウーマン、モンクス

アジアに行くようになって俄然伝統衣装が好きになった。 特にチベットからアフガニスタンくらいまでのエリアの人たちの文化。 シルクロードってこの辺りだっけか。 色がまばゆい。 瞳と焼けた肌と深い皺がまばゆい。 ●チベットギャルズ 凄いバランス感覚。お…

ICON:but NICO  その2 ムービーヒロインズ

映画もお洒落の参考にしたい人で溢れている。 最近は年取って冷え性になったので、 露出することに興味がなくなってきた。 ●ベアーズ・キス 2000年代初めの(多分)ロシア映画。 ヒロインは、天涯孤独でサーカスに引き取られた少女。 可愛がっていた熊のミー…

new wardrobe:ほぼ万能の黒のジャケット

すっかりファッションには疎くなっているが、 秋は70sっぽいベルボトムジーンズがリバイバルしているらしい。 ベルボフリークだった私には正直嬉しい! 私が大好きだったのは、 股上10cmくらいしかない超浅め、 超フレアのベルボ。 今履いている子居ないよな…