いまここに、あるもので

労働から活動へ、消費から生産へ、利益から恩恵へ

無くてもいいものを増やす その1 シャンプー&リンス

 

"Things you own end up owning you "

(自分が所有しているものに、所有される羽目になる)

映画『ファイト・クラブ』でタイラーが主人公に言ったセリフ。

 

今簡単に手に入る日用品のほとんどは、

数十年前の日本で売られていなかった。

つまり、別になくても困らないものと言うこと。

 

無くてもいいものを増やして、

生活がすっきりさせると、心身共に軽くなる。

視点も頭もクリアになっていく。

 

シャンプー&リンス

 

既に色んな人が試している「ノープー」生活。

 

私も現在「ノープー」。

週3回くらいの割合で、

重曹クエン酸を溶かしたお湯に頭を漬け、

もみ洗いしすすぐだけ。

お湯だけ洗髪と言うつわものもいるけど、

さすがに夏場でロングヘアなので、

それは避けている。

 

髪の調子は至極良く、

20代の頃のような艶があり指通りも滑らか。

 

但し、シャンプー使用時ほどのさらさら感はない。

最初はそれが気になるけど、今ではそれが自然に思える。

あとは市販シャンプーの香りも今では強すぎて苦手だ。

 

小学生の姪っ子たちが

市販品を大量に使っているのを見るのも嫌な気分だけど、

お節介になりたくないし、姉に話してみるか迷っている。

 

私の「ノープー」の始まりは3年程前。

美容や健康のためではなく、体で感じた違和感がきっかけ。

何となく、髪がぱさぱさしてボリュームが無くなっていると感じるようになった。

加齢(当時30歳を過ぎてばかり)、喫煙、飲酒のせいだろうと思っていた。

そんなある日、遅くに帰宅してシャワーも浴びずに眠ってしまった。

次の日は髪がかなりべったりとしており、すぐにシャワーを浴た。

すると、渇いた髪がさらさらして艶が少し戻っているように感じた。

 

それから毎日シャンプーするのを止めて、2日に1回に。

シャンプーした日はさらさらの美しい髪に戻る。

しかし問題はシャンプーしない日の髪が脂ぎっていたこと。

それでもさらさら髪にしたくて、しばらく我慢。

シャンプーしない日は髪を結ったり帽子を被ったり。。

しかしそれを続けていると、段々と頭皮の脂が気にならなくなってきた。

 

その頃になって初めて「ノープー」の存在を知る。

さすがに完全にシャンプー不使用にする勇気は無かったので、

シャンプーの頻度を減らし、

更にシャンプーを水で薄めて使うように。

何日おきとは決めずに、気になったら洗髪することにした。

冬場でそんなに動くことが無ければ、

5日間くらいしなくても平気になってきた。

頭皮と髪がシャンプーなしの生活に慣れてきたのだと思う。

 

当時使っていたのが、

ブランド名:PC 『カミツレ シャンプー&コンディショナー』。

※実は今でも残っているので、洗濯や床拭きに使用。

 

 

PC カミツヤ(髪ツヤ) シャンプー1000ml

PC カミツヤ(髪ツヤ) シャンプー1000ml

 

 

 

カミツヤシャンプー  レフィル

カミツヤシャンプー レフィル

 

 

その後年下の友人から、

重曹+クエン酸の組み合わせを教えてもらう。

重曹で洗うだけだと髪がきしむけど、

クエン酸を混ぜるとそれをさらさらにしてくれる。

それにクエン酸を加えてから、髪がとても柔らかくなった!

 

自然にやさしい重曹 お徳用 1kg

自然にやさしい重曹 お徳用 1kg

 

 

 

暮らしのクエン酸 330g

暮らしのクエン酸 330g

 

 

 

重曹は洗濯や歯磨きに、クエン酸も洗濯や掃除に使用できるので、一石二鳥どころか何通りにも使える。

 

持つものが減って部屋がすっきりした。

シャンプー、リンス、キッチン用洗剤、洗濯物用洗剤、歯磨き粉・・・、

と際限なく買っていたものが、

重曹+クエン酸、だけになる。

 

環境にも良いし、すすぎにも神経質になる必要がない。

 

「ノープー」生活を助けてくれる優れもの

ブラッシングで髪の汚れ・脂はかなりとれる。

洗髪の前後は必ず綺麗な櫛でしっかりとかす。

余分な抜け毛や汚れが先に取れて、洗髪もしやすい。

 

 

そして必ず、使用後に櫛は綺麗に洗う。

要らない歯ブラシでこすれば汚れはすぐ取れる。

昔の人がシャンプー無しで髪が綺麗だった理由が分かるほど、

櫛は効果的。

 

ハーブ

 

重曹にもクエン酸にも香りがない。

髪に自然な良い匂いをつけたいときには、ハーブがお勧め。

 

洗髪用のお湯を沸かすときに、窓辺のローズマリーを摘んで入れ、

そこに重曹クエン酸を足して洗う。

 

 関連記事