いまここに、あるもので

わざわざ要らないものを遠くから持ってくることないよね

過労死するよりニートの方が100倍よい

 

30歳を大分過ぎると、

自分より若い人達がぐんと増えてきた。

彼らの親世代と話すことも多くなってきた。

 

それで驚いたのが、

今の20代で、ニート不登校を経験している

(または現在進行中)人がとても多いことだ。

 

大体が親御さんから話を聞く。

「高校の時不登校だったんだよ、いや何だかいじめられてたみたいで」

「学校出ても何もしないで、家でごろごろしてるだけなんだよ」

少し自嘲的に、恥ずかしそうに話す親御さん達。

 

「大事に育てたのに何故なんだろう」

「自分の育て方が不味かったのかな」

そう感じているのが分かる。

 

その中の一人の方にも言ったのだが、

ニートでも不登校でも、過労死やいじめや自殺で死ぬよりずっとよい。

 

ブラック企業で限界までこき使われて死んだり、

毎日いじめで心身共に消耗して自殺してしまったり、

殺されてしまったり。

そうなるくらいならしばらく家でネットしてる方がましだ。

 

それに、ニート不登校はもう個人的な問題ではなく、

社会問題(特に教育分野)なのだから、

本人や家族があまり苦しむべきじゃないと思う。

 

20年近く前から、画一的な教育システムが問題視されていたのに、

ほぼ何も変わっていない。

一度ゆとり教育で時間数を減らしてみただけだ。

根本的にカリキュラムを変えることが必要なのに。

 

その上社会のストレスは子供社会にそのまま反映される。

親やテレビ、街中での大人の様子を見て、

子供は今の社会のあり方を学ぶ。

教科書とか道徳の時間からじゃない。

 

今の子供達は凄いストレスの中にいて、それに無自覚だ。

心なのか体なのか分からないが、ふと自覚的になったときに

ニート不登校になってもおかしくない。

 

それより心身の調子に気づくこともなく、

無理やり働き続けたり学校に行き続ける方が

ずっと問題だ。

 

 関連記事