読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スローに働いて、スローに遣う

労働から活動へ、消費から生産へ、利益から恩恵へ

new wardrobe:黒のジャケット

すっかりファッションには疎くなっているが、

秋は70sっぽいベルボトムジーンズがリバイバルしているらしい。

 

ベルボフリークだった私には正直嬉しい!

私が大好きだったのは、

股上10cmくらいしかない超浅め、

超フレアのベルボ。

今履いている子居ないよな・・・。

 

しかしもういい大人なので、

どんなに流行ってもあれをまた着ることはないだろう。

 

  • 大人になったら、無地&ベーシックのがセクシーに見える

30代半ば過ぎで、上手く洋服選んでいるなと言う人を

探すのは、玄人素人問わず結構難しい。

 

私が反面教師にしているタイプの人は

・茶髪

・柄物を着る

・バッグだけハイブランド

・キャラクターものを持っている(言語道断!)

どんな美人でも安っぽく見える。

 

あとは露出の仕方も大事だ。

30代の大台を超えた頃、

明るい色のホルターネックワンピを試着して

我ながら驚いたことがある。

年齢誤魔化して、スナックで働いている人みたいだったからだ・・・(笑)。

 

黒とか紺、深めの赤で、

ノースリーブとか

ベアトップならロング丈とか、

ちょっと抑えたものを選ばないと、

大家政子さんになってしまう。

(あれはあれで可愛いけど)

 

  • 黒のジャケットが欲しくなった!

肌寒くなってきて、黒のジャケットがとても欲しくなってきた。

 

シャツ、Tシャツ、ランニング、

普通のパンツ、ジャージ、

ワンピ、スニーカー、パンプス、ビーサン

コートの下。

何にでも合わせられて万能!

 

  • 黒ジャケットが似合うスーパーアイコン

この二人の画像を見ていたら、

どんどんジャケットが欲しくなってしまった。

 

・Patti Smith パティ・スミス

白シャツにこだわっているパティだけど、

それに合わせるのはほとんどがシンプルなジャケット。

 

ピアスなどのジュエリー、スカーフなどの小物は使わず、

フェミニントップスやスカートも一切着ない。

 

ぼさぼさロング+シャツ+ジャケット+パンツ

でこれだけスタイリッシュ!

 f:id:slowinputslowoutput:20150904172558j:plain

f:id:slowinputslowoutput:20150904172633j:plain

f:id:slowinputslowoutput:20150904172648j:plain

白髪でこんなに格好いい女性は他にいるのだろうか。。

老眼鏡をかけて一番格好いいのはパティとゴダール

f:id:slowinputslowoutput:20150904172816j:plain

アン・ドムスメステールがずっとパティをミューズにしていたのが、

懐かしい。

パティにそっくりなスーパーモデル、ハナロアはどうしているんだろか。

 

 

・Keith Richards キース・リチャーズ

世界で一番セクシーなパパ、キース。

 

キースもいつもシャツ+ジャケット。

ただ、豹柄などセクシーなものもあえて着る、感じ。

 

バンダナ(ただの布きれの場合も)、ドクロの指輪、

ピアス、マニキュアなど細部にこだわりながらも、

ワイルド&ルーズスタイルなのが格好いい。

 

キースが下品にならないのは、シンプルなジャケットのお陰かも知れない。

キースみたいなパパと古着屋へお買い物とか行ったら楽しいだろな。

 

f:id:slowinputslowoutput:20150904172839j:plain

f:id:slowinputslowoutput:20150904172856j:plain

f:id:slowinputslowoutput:20150904172914j:plain

f:id:slowinputslowoutput:20150904172942j:plain

 

  • Azulの黒ジャケット

結局決めたのが、コットン素材の黒のジャケット。

 

形はシンプルで着易いし、何よりもいいのが、

洗濯機でばしゃばしゃ洗えること。

 

ま、パティにもキースにも程遠いけど。