読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スローに働いて、スローに遣う

労働から活動へ、消費から生産へ、利益から恩恵へ

年収200万あれば貯金できる

 

今年2月で正社員の仕事をやめ、7月の半ばからパートで働いている。

 

出勤日の融通か効く

 

出勤日数は決まっているが、私個人と雇い主の双方の都合で多少前後する。

 

予定が無い日やお金が欲しい時は出勤を増やしてもらう。

反対に一週間休みをもらうこともある。来月は国内旅行に行くので休みを増やしてもらった。

 

パートは毎日出勤しなくても困る人がほとんどいないので休みやすい。

 

勤め先が地元の自営業・零細企業というのも理由の一つ。

チェーン店や大企業の支店だったら、ルールに則って動くのが最優先になるはず。

(だから私はそれらを避けたんだが)

零細企業は店だろうと会社だろうと、一定期間きちんと働いて信頼を得れば結構融通が利くのだ。

管理職との距離も近いから真面目に勤務しているのもよく見ていてくれるし。

こちらも雇い主の都合をすぐに理解できるのもよい。

 

貯金はそのまま

 

現在までほとんど貯金を切り崩さずに生活している。

5月に1ヶ月旅した時には少し減ったがまた持ち直した。

 

月の必要経費は、約56,000円。

家賃 48,000円

電気代 約700円

ガス  約1000円

水道代 約2000円

携帯代・通信費 約4000円

 

月10万生活が可能な訳

 

友人に節約術を教えて欲しいと言われることがあるのだが、自分では良く分からない。

お金を遣わない生活が通常運転になりつつあるのだろう。

 

友人達の生活や、以前の自分の生活を振り返って理由を考えてみる。

 

洋服を出来るだけ新品で買わない

 

デパートや路面店で、試着して接客され、ラッピングした商品を受け取る。

 

それをそのままリサイクルショップへ持ち込んでも、10分の1くらいの値段にしかならないのではないだろうか。

 

服代のほとんどは家賃・人件費・広告費だ。割に合わない。

 

翻ってヤフオクでも街のセカンドショップでも見れば、洋服が供給過多なことが分かる。まずはそこで探す。

 

後は友達からもらう、あげる。これもよくやる。

二束三文で知らない人にあげるより、好きで買ったものは友人に渡したい。

 

先日もキューバで購入したゲバラバッグ(通称ゲバッグ)を友人にあげた。

とても彼に似合っていて嬉しかった。

 

そして大前提として、必要なものだけを買うこと。

コート・ジャケット・パンツ。それぞれ2つずつしか持っていない。

あとはつなぎとセットアップが1着ずつ。

前述したように洋服は供給過多だから、『必要だと思ってから』買うので充分間に合う。

 

毎日ご馳走を食べる必要はない

 

家族と暮らしているときは、おかずが何種類かないと寂しい気持ちになった。

 

しかし今はこれで充分。

朝 リンゴとみかん

昼 玄米とカップラーメン

夜 昨日の残りの、さばと玄米と味噌汁

 

休日で家にいて面倒な時。

朝昼 大豆ミートと納豆のパスタ(大盛り)

夜  フライドポテトとワイン

 

毎日粗食にする必要はないけど、ほとんどの人が食べすぎだと思う。

自宅で独食の時はほぼお坊さん食、外食時にこってり系を食べる。

で調子がよい。

食費がそれほどかからないのも、普段の食事にこだわりすぎてないからだと思う。

 

以前、オランダの家族が夕食を摂っている映像を見たが、あまりにも簡素で驚いた。

両親と子供が二人で、パンとチーズと茹でたジャガイモかなにかがテーブルにのっていた。

両親共にパートタイム勤務なので、帰宅しても外はまだ明るかった。

その日にあったことを皆でシェアしながらゆっくり食べるのだそうだ。

小さな男の子が「お話するの大好きなんだ」とにこにこしながら話していた。

何を食べるかより、誰と食べるかとか何を話すかの方がずっと大事だ。

 

slowinputslowoutput.hatenablog.com

 

 

無駄な人付き合いをしない

 

ここ2年ほど結婚式に出ていない。

お歳暮というやつをあげたりもらったりしたことが無い。

ここ20年ほど年賀状を出したことが無い。もらうこともほとんど無い。

 

でも友人宅に行くときは大好きなコーヒーをお土産を持っていくし、

誕生日だったらご馳走したり気に入っているジュエリーを贈ったりする。

 

一般的な結婚式をして、得するのは結婚会場だけだと思う。

同僚とか同級生とかいうだけで休日を潰されて詰んない式に出席するのは気が重い。

お歳暮で得するのはデパートだけだ。

タオルとかオリーブオイルとか自分で買えるものを大量にもらってもしょうがない。

 

買えなくて困ってるときにもらいたいが、そうなったときにはお中元仲間からは外されているのだろうという不思議と矛盾。

 

年賀状は紙の無駄、資源の無駄。新年に会ったときに挨拶すればよい。

 

「そんなだと友達なくすよ」「縁が切れるよ」とか言われることもある。

でもそんなことで切れるような縁は無くなっても困らない。

 

不要なモノを交換することで成立する。そんな不健康な人間関係があるだろうか。

きっと会話も不毛なはずだ。

 

ストレスフリーは無料

 

煙草を吸いたいと思わなくなった。

衝動買いも要らない。

勤務先から自宅に直帰しても憂鬱じゃない。

夕飯を作りながらワインを一本空けてしまうこともない。

 

ストレスが少ないと、お金と時間に余裕が出来る。

 

今年の収入150万円くらい・・・(笑)

 

失業保険も含めて、そんなもんだ。

 

年収200万で最大80万くらい貯金できると思う。

 

月10万で生活は余裕で出来る。二人暮らしだったら月15万で出来るだろう。

 

みんなは何にそんなお金を遣っているのだろか。。

 

追記:

これは女性限定かも知れないが、

本当にひもじいときに奢ってくれる心優しい男性が身の回りにいるとなおよろし。

 

 関連記事