読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スローに働いて、スローに遣う

労働から活動へ、消費から生産へ、利益から恩恵へ

『よい条件で生きる』より『うまく生きる』方が賢い @30代後半の私の選択

半径5kmで生きたい

感度がいい20代でさえ古(いにしえ)の価値観で生きてるのですから、

30代私たちは男女関係なく余計にそうでしょう。

 

ところで私は独身、彼氏はいますが結婚の予定はありません。

そして彼氏の有無に関係なく、婚活の集いみたいなのに行く気は皆無です。

 

理由は、自分に高値がつかない(需要がない)市場に出ても意味がないから

 

我ながら身も蓋もない言い方ですが、自虐でも悲観的な訳でもありません。

一般的な婚活市場は、男性は年収・女性は年齢が最重要の条件です。

35歳以上の女性=年収250万の男性 という等式も聞いたことがあります。

残酷だけれどそれは現実なんです。

 

どんなに美男美女でも、料理が上手くても、DIYが得意で家を作れても、19ヶ国語喋れても、性格が抜群によくても、博学でも、

35歳以上の女性と年収250万の男性はその市場で需要がほとんどないのです。

 

でも逆に、需要がないから魅力的な人や自分が好きなタイプの人がそこに埋もれていることもあります。そしていた場合、競争率は比較的低いんですよ。

 

また私の彼は子持ちです。出会った時分から知ってたので特に何とも思いませんでしたが、もしこれが友人の紹介や婚活サイトだったらどうでしょう。

 

条件を先に聞いた場合、本人に出会おうとさえ思わなかったかも知れません。

でも本人に先に会えば、条件はそんなに気になりません。

 

本当は条件ってそんなものです。

条件に振り回され過ぎな人が多過ぎる。

 

いまだに「旦那さんになる人は年収600万以上はあって欲しい」「家庭に入って早く子供を産みたい」という同世代の友人がいます。

 

信頼出来るパートナーを希望することは現実的なのだけれど、条件とイメージが現実的ではない。


600万稼いでも手取りは500万程度で、今後も下がるでしょう。

サラリーマンの夫に専業主婦の妻というスタイルは、経済的にも不可能でしょう。

子供欲しいなら今すぐ作らないと厳しいでしょう。

 

という超現実的な意見をズバズバ言えたらいいのですが、無邪気な人なのでいいづらいのが心境です。

 

しかし彼女の思考に近い独身の中年女性はかなり沢山いるのだと思います。それがここ1年くらいでわかってきました。

ごくごく単純に自分が育った家庭の遣り方をなぞりたいだけなんでしょうけど。


怖がり過ぎて自分で思考することが出来ないのだと思います。

 

実際は、年収200とか300万の男性の中に、かなりサバイバル能力が高い者も含まれているはずです。だからそこからパートナーを探す、というのはなかなか高度な戦略だと思うんですけどね。


勝手な推測ですが、80年代以降に生まれた男性にそういうタイプが割といるんじゃないかと。

70年代生まれの男性はより父権的な価値観で育ち競争してきたため、一歩引いて上手く生きることが苦手なんじゃなかろうか。

 

近年私が「うまく生きてるなあ」と感心したのがこれ、山奥ニート

 

 

無理せず、無駄を出さず、あるもので上手に生きてる。

「将来どうするの?!」と憤慨する年寄りがいるかも知れませんが、将来は現在の延長にあります。

 

無理も無駄もしない彼はずっとこうして生きていけるに違いありません