読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スローに働いて、スローに遣う

労働から活動へ、消費から生産へ、利益から恩恵へ

思考を裏返すと、問いこそが答えであることに気づく。そして答えこそが問い。

完全に禅問答なタイトルになってしまいましたが、最近思うところです。

 

 

出来るだけ自信が付かないように、完璧なイメージを一方的に与える。

他者との比較に時間とエネルギーを遣わせて、経験と感覚から遠ざける。

経験と感覚を選びそうになったら、「そんなことは出来ない」と始める前から否定する。

そしてイメージの中に押し戻す。

 

大げさに言えば、それが私達の受けた教育。

健康的な自信やプライドが付かなくて当たり前です。

むしろそれが目的なんですから。

 

 

その他の問いと答え

 

なぜ何年勉強しても英語が話せないのか?

 ⇒英語を話せないように教育されているから。

 

なぜ労働生産性が低いのか? 

⇒わざわざ時間と手間ばかりかけて、どうでもいいことをややこしくしているから。

 

なぜトイレは臭いのか? 

⇒臭くなるように設計してあるから。

 

答えと思われているものこそが問うべきもの

 

既定値と思われているものこそが、問わなければならない対象だと思います。

 

結婚してこそ一人前である、のか?

 

週5日8時間労働することが真っ当な人間の生きかた、なのか?

 

週5日学校に行くことこそが健康な子供の生きかた、なのか?

 

誰もが知るスターなら、演技するだけで55億円もらって当たり前、なのか?

 

誰もが大学に行く時代に奨学金を払ってまで、かつての名門大学に行くべき、なのか?

 

思考を裏返す重要性

 

ラダックには色々な面で感銘とインスピレーションを受けました。

物質的に貧しくとも、美徳を保ちつつコミュニティで生きる彼らが不思議でした。

 

ラダックは辺境の地で、雨もほとんど降らず、資源もほとんどありません。

標高5000メートルの岩山は生きていくだけで過酷な環境です。

インドとパキスタンの国境近くでインド軍が駐留しており、政治的緊張もあります。

仏教イスラム、クリスチャンが混在しています。

 

チベット仏教の教えが一般市民にも浸透しているからだと思うよ」

そう教えてくれたのはラダック人でした。

 

そのとき答えが分かった気がしました。

 

貧しい資源、多民族他宗教、過酷な自然環境の中で、

どのように物を見て考えれば、平和で豊かな暮らしが可能になるのか。

 

ラダックはチベット仏教を使い何百年もかけて、

その答えを導き出したんだと思います。

 

平和な暮らしを可能にする思考・言動パターンを発見し、

それをコミュニティで共有し、実践したんでしょう。

 

チベット仏教と哲学は実践的です。

彼らの思考や言動は自然に生まれたものではなく、何千年もかけて調整され洗練されていったのでしょう。

 

智慧、そのものだと思います。

 

Turn you inside out by REM

 

REMの初期の歌で「君を裏返す」というタイトルの歌があります。

相変わらず思わせぶりな歌詞でよく分かりませんが、よく頭に響いてくる歌の一つです。

マイケル・スタイプチベット僧ぽいし。

 


R.E.M. - Turn You Inside-Out (Official Music Video)