いまここに、あるもので

労働から活動へ、消費から生産へ、利益から恩恵へ

若い人を不安にさせたがる人たちの目的はなんなのか

若い人を不安にさせる人たち

 

先日、まだ学生の歳若い友人が切羽詰った様子で聞いてきました。

「社会人になるのに『覚悟』って必要なの?!」と。

 

 覚悟? そんなもんしたかなあ・・・(遠い目)

てか私に聞くかねそれ(笑)

 

どうやら年配者に詰められたようです。

詳細は不明ですが。

 

私はたまに若い人たちに相談や打ち明け話をされますが、

怒ったり否定したり意見したりすることはありません。

 

その理由は

・自分がハードな人生を避けてきたため、説教するような立場にない

・何を言っても決めるのは結局自分

・あまり感情に訴えかけて、誤った選択ををすることになったら責任が取れない

 

でも一番大きい理由が

不安になっている人を、更に不安にさせることに何の意味もない。

と思っているからです。

 

だから、相手が出来るだけリラックスするように心がけます。

あと、

「嫌なことはしない方がいいよ。本人も周りも誰も得しないから。」

と毎回言っている気がします。

 

つい先日も、公衆の面前で半ば吊るし上げるように指摘をする年配者に遭遇しました。

されたのは20代の女性でした。

 

ちなみに二人は上司部下の関係ではありません。

親子でもありません。

ただの知り合いです。

 

年配者の方は、知的で好感の持てる人だと思っていたのでちょっとショックでした。

 

自由に考えて行動する若い人が目障りなのか

 

20代の女性は、自発性があり無邪気。

確かに「ちょいまち~」と思うときもありますが、突っ込めばやめるし、

真面目な子でお調子者ではありません。

 

ちょっと気に入らないことはあっても、

本人だけに耳打ちするくらいの範囲で収まらなかったのが不思議でしょうがありません。

 

自分が若かったときに受けた『洗礼』みたいなものを返してるんでしょうかね。

 

自由にやってくれる若い人たちにあやかりたい(笑)

 

前述したSAMPO君たちもそうですが、

私は自由にやってくれる若い人たちが小気味よいです。

 

slowinputslowoutput.hatenablog.com

 

私が若かったら、男の子だったら、っていう夢想を叶えてくれているから。

代わりに暴れてもらってるような気持ちです。

 

だから彼らが怒られたり抑圧されているのを見るとシュンとしてしまいます。

 

と、同時に「ああこのポイントで揚げ足取られるのか」と学んだりします。

「私がやるときはそこに気をつけよう」とも。(ずるいな・・)

末っ子の発想そのものです。

 

もちろん私も同じような抑圧を感じたことがあります。

でもそうして、出し抜き方や交わし方、事前準備の方法を学んできました。

 

「個」対「個」として付き合う練習をしよう

 

学校や会社、仕事の関係で、知らぬうちに上下関係が身に染みてしまうのでしょう。

 

私は部活もしなかったし、新卒入社もしていないし、チームで働いたこともないので、

先輩や後輩という関係を持ったことがほとんどありません。

更に末っ子なので誰かの面倒を見た経験もありません。

 

若い人たちは未知の存在だったので、「個」として対応するしかありませんでした。

自分より、生きてきた時間が短い「個」として。

 

だから、明らかに若くとも敬語や丁寧語で話すことも多いです。

男性同士が歳の違いだけで「おまえ○○なの?」「そうっす!あざっす!」

と会話しているのを、時折違和感を感じます。

(微笑ましいと思うことも多々ありますが)

 

相手がいくつであろうと、敬意と思慮を持って接する、ことを心がけたいです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ オーガニックライフへ
にほんブログ村