いまここに、あるもので

わざわざ要らないものを遠くから持ってくることないよね

家族が欲しいと思わない理由は、コスパなどではない

時間と空間を共有し続ける家族

 

ヨーロッパ系と日系のミックス、外国籍の友人家族がいます。

彼らは恐ろしいほど時間と空間を共有しています。

 

10代の頃に出会った夫婦は、今もほとんど一日中一緒。

プラス未就学の子供と義理のお母さんもほとんど一緒です。

 

自営業だから物理的に可能なのですが、

知り合った当初は驚きました。

 

もっと驚きだったのが、喧嘩や言い争いをしている姿を見ないこと。

3人とも好き勝手していて、誰かが我慢している様子はありません。

超リラックスしています。

 

「スロー子はまだ結婚しないの? 子供産まなきゃ!」

とお母さんによく言われます。

日本式の催促だと思って、最初のうちはちょっといらいらしたのですが、

最近は違ってきました。

 

彼らは家族のために生きていて、

家族と過ごしている何でもない時間が幸せ。

家族を持つことは圧倒的に善、なのです。

 

だから私にも勧めてくるわけです。

ちなみに夫婦は言いません。

彼らは日本の文化と社会を理解しているからです。

 

なぜ結婚して家族をつくったんだろうと疑問が湧く

 

彼らとちょくちょく遊ぶようになり、

日本の家族に不自然さを感じるようになってきました。

 

「旦那が休みだから、外出てきちゃった。」

「休み手当てでも出ればいいけど、家にいられても。」

 

一緒に居たいから家族になったんじゃなかろうか・・・?

という疑問が湧く会話をよく耳にします。

 

話は戻りますが、件の家族と遊ぶとき、私達は特別なことはしません。

家でまちおかで買ったお菓子を食べながらだべったり、

ファミレス行ってご飯を食べたり。

(彼らを一緒にいるときは私もジャンキーになります)

 

話すこともどうでもいい冗談ばかりで、内容もよく覚えていません。

 

ただ時間と空間を共有しているだけなのです。

 

何者かになろうとしない、何かを成し遂げようとしない

 

彼ら家族は皆スーパーリラックスです。

親戚達にも会いましたが、彼らもスーパーリラックスです。

でも優しいし暖かく接してくれます。

私の友人を連れていってもそれは変わりません。

 

彼らは誰もよき父やよき母を演じたりしません。

子供に対しても、他人に対してもです。

自分自身の延長に父や母の役割があるかのようです。

 

日本では反対です。

父や母を演じなければなりません。

夫や妻を演じなければなりません。

「こうあるべき」に向かって足並みをそろえなくてはなりません。

 

それで皆疲れて、家族と一緒に居られなくなるのでしょう。

 

私はそれをやりたくないのだなと最近分かりました。

コスパなんてどうでもいいです。

 

「彼らは人生の喜びを味わっていない、15歳くらいの子供のまま歳をとってるよ」

 

先日旦那さんの方が珍しく真面目な話をしてくれました。

 

「夜8時とか10時まで働くなんて、僕の国では考えられない。

 更に一日中パソコンの前で人と話せないなんて。

 そんなことしたら誰でもおかしくなるよ。」

 

「僕の国では家族といることが一番重要だよ。

 別に何もしなくていいんだ。

 庭で簡単にBBQしたりくつろいだりするだけで充分だよ」

 

「仕事ばかりして、余った時間はゲームばかりしている

 同世代の日本の男性を気の毒に思う。

 大事な家族を持って、世界を旅したり、自分でビジネスの計画を立てたり。

 そういう建設的な夢を描けないから。

 精神は15歳くらいのまま歳とってるように見えるよ。」

 

彼の意見はかなり正しいと思います。

 

日本社会は、

すねたおじさん男子とふて腐れたおばさん女子で溢れています。

 

私を含め、ほとんどの人がそのどちらかに当てはまります。

 

 

 

slowinputslowoutput.hatenablog.com

 

 

slowinputslowoutput.hatenablog.com

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ オーガニックライフへ
にほんブログ村